MENU

義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

入れ歯

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

チタン床義歯
チタン床義歯

全部床、部分床当院では両方ともチタンで作成しています。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

シリコンの入れ歯
シリコンの入れ歯

総入れ歯、部分入れ歯、ノンメタルデンチャーでもシリコンの入れ歯を作る事が可能です。シリコンは柔らかいので、噛む時の痛みを軽減でき、食材をしっかりと噛めるようになります。

ノンメタルデンチャー
ノンメタルデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

当院での治療方法

当院では、自費の金属床については、全てチタンを使用します。
チタンは、薄く、軽く、人口関節にも使われている生体親和性の高い金属です。
しかし、鋳造(鋳型に溶かした金属を流し込むやり方)だと気泡が入った部分が弱くなってしまいます。そこで、チタンの粉末をレーザーで固めて作る方法だと気泡は入らず、弱くなりません。更に製作コストも抑えることが出来るので、従来使われてきた、コバルトクロム(チタンに比べて重く、弱い)とほぼ同じぐらいで、提供できます。